エンタメ情報

カツサンド姫誕生の経緯を解説!チー牛の女性版?賛否両論の反応まとめ!

カツサンド



先日のコミケ(コミックマーケット100)で女子高生がカツサンド等をめぐる処遇への不満を告発し、ネット上を賑わせています。

告発した女子高生は「カツサンド姫」と呼ばれています❗️

今回の騒動の概要やネット上の反応をまとめました❗️

 

カツサンド姫騒動とは?

カツサンド姫騒動は2022年8月13,14日に実施された「2022コミックマーケット100」にて起こりました。

概要をまとめてみました❗️

カツサンド姫騒動の登場人物

登場人物は次の2人です。

登場人物①:カツサンド姫

  • 17歳の女子高生
  • コミケの参加は初めて
  • 登場人物②に頼まれてコミケの手伝いをすることに
  • 不満をTwitterに告発

 

登場人物②:コミケの手伝いをカツサンド姫に頼んだ男性

  • 年齢はカツサンド姫より10歳以上年上
  • コミケにはこれまで何度も参加
  • カツサンド姫にコミケの手伝いを依頼

 

カツサンド姫騒動の経緯

カツサンド姫騒動の経緯をまとめました。

  1. カツサンド姫が男性に頼まれてコミケの手伝いに参加
  2. カツサンド姫が手伝い中の処遇に不満を感じる
  3. カツサンド姫がTwitterに不満を告発する
  4. ネット上で話題となる
  5. 男性がカツサンド姫に謝罪
  6. カツサンド姫は謝罪を受け入れるものの男性をブロック
  7. ネット上の反応を踏まえカツサンド姫が謝罪文を投稿

 

カツサンド姫が不満を感じた点

ではカツサンド姫はどういったことに不満を感じたのでしょうか。

Twitterに告発された不満をまとめました❗️

  1. 自分が食べたカツサンドの残り半分を渡してくる
  2. 椅子に座りますかの一言も無しに2時間以上立ちっぱなしにさせられる
  3. 急な売り子代役だったのにも関わらず新刊やグッズ等の譲渡が一切なかった
  4. 飴配り係にさせられる
  5. 延々と電車の中など場所を問わず自分語り

 

1番目の内容がカツサンド姫の名前の由来になっているのですね❗️

渡されたカツサンドがこちら。
カツサンド
口をつけたものを渡されたということではないのですが、コロナ禍でもあるため衛生面で不快感を感じたそうです。

 

2番目については確かにずっと立ちっぱなしはしんどいですね。

ただ、今回のコミケは椅子の数も限られていたようで、男性にも言い分はありそうですが。

 

3番目は報酬がなかったことへの不満ですね。

事前にすり合わせができていればよかったのですが。

 

4番目の飴配りはカツサンド姫がやる必要がなかったのではという不満のようです。

配っている間に男性は知り合いとの話に熱中し、カツサンド姫は放置されその点も不満だったようです。

確かに慣れない場で知らない人ばかりの中放置されるのは嫌な気持ちになりますよね。

 

5番目の自分語りは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

相手の興味がある話ができているか気をつけたいものです。

 

カツサンド姫を批判する意見

被害者として不満をぶちまけたカツサンド姫ですが、カツサンド姫を批判する意見もありました。

確かに自分から意思表示をすれば防げたこともありそうですね。

 

 

言ってしまえばさほど大したことがないとの意見です。

確かに傷害事件などではなくそう言った意味での被害者は出ていないので良かったとも言えますね。

 

カツサンド姫を擁護する意見

一方で、カツサンド姫を擁護する意見もありました。

確かに結局カツサンドを食べられていないのにカツサンド姫と呼ばれるのは少しかわいそうですね。

 

ネット上で面白がって名前をつけられるのは確かに不快かもしれませんね。

 

カツサンド姫に関するその他の声:チー牛の女性版?

批判や擁護ではありませんが、気になる意見もありました❗️

今や完全に市民権を得ているチー牛の女性版がカツサンド姫になるのではとの声。

そうだとすると歴史的な出来事だったと言えそうですね❗️

今後どうなるか注目です❗️

 

確かにネーミングセンスありますね❗️

今後どれだけ浸透するか注目です❗️

 

まとめ

今回の騒動は、男性の気遣いがカツサンド姫の期待するところまで至らなかったことが原因となります。

 

男性の気遣いが足りなかったとも言えますし、カツサンド姫の期待が高すぎたとも言えます。

結局どちらが悪いということでもないとは思いますが、しっかりコミュニケーションをとることで防げたのかなとは思います。

 

とはいえまだ未成年の高校生ですし、カツサンド姫を責めるのはかわいそうとも言えるでしょう。

 




-エンタメ情報

© 2022 日々の楽しい情報を発信! Powered by AFFINGER5