ubusuna.inc.

トップページ > What's New > 弊社代表吉井の総務省・地域力創造アドバイザー活動が、河北新報に紹介されました。

業務内容

弊社代表吉井の総務省・地域力創造アドバイザー活動が、河北新報に紹介されました。

2015.08.26

弊社代表吉井が、総務省・地域力創造アドバイザーとして派遣されています、秋田県男鹿市では、今年度市内中学校4校の生徒会全員と、観光資源を構築するワークショップ活動に取り組んでいます。
 
男鹿市では、若年層女性の減少が激しく、2010年の2671人が、2040年には679人に減少すると予測されています。
 
そこで、男鹿市では本年度より、男鹿で生まれ育った子供たちに、男鹿の魅力を再認識してもらい、観光プログラムを醸成する活動を通じて、故郷に対する「気づき」を与え、心の中に「故郷に対する礎」を持ち、進学等で男鹿を離れた後も郷土愛を育み、いづれは、男鹿にUターンし、男鹿で働き、また、男鹿で起業する事につながる長期的に教育プログラムの実践に入ります。
 
実践に当たっては、男鹿市観光アドバイザー吉井靖氏を講師として、市役所観光課・教育委員会・市内中学校4校との横断的組織連携を図り、市内中学校4校の生徒会の生徒さんと、観光アドバイザー吉井氏が中心となった観光課がワークシッョプ型で議論を進行します。
 
ワークシッョプでは、男鹿の資源発掘を行い、着地型観光プログラムの醸成を図り、最終的に豪華客船飛鳥等への商材として売り込みを実践します。
 
河北新報 2015年8月24日