ubusuna.inc.

トップページ > What's New > 2014年3月のアーカイブ

業務内容

第123回CRIフォーラムで、弊社代表がパネルディスカッションを行います。

今、ケーブルテレビの役割は、地域における「放送・通信」事業者から、地域における「生活関連情報全般」を提供する"サービス事業者"へと、その役割が大きく変貌しつつあります。
また、観光や物産などの「地域資源」の発掘を通して、地域市場の拡大を図るなど、「魅力ある街づくり」や「地域創造」の担い手としての役割も大きく期待されています。
そこで、第123回CRIフォーラムでは、「魅力ある地域の創造とケーブルテレビの役割」をテーマに、行政+地域資源(観光・物産)+ケーブル局連携による「地域力創造」の取組を考えます。



≪第123回CRIフォーラム開催概要≫
【内 容】 「魅力ある地域の創造とケーブルテレビの役割」
【日 時】 平成26年3月18日(火)15:30~17:30
【会 場】 東京・日比谷プレスセンタービル10F(日本記者クラブ)
【会 費】CRI会員 5千円 / 非会員 1万5千円
【講 師】 株式会社うぶすな 代表取締役 吉井 靖 氏
【講 師】 総務省 自治行政局 地域力創造グループ 企画係長 高橋 範充 氏
【講 師】 立命館大学 映像学部 客員教授 峰岸 稔冶 氏


【主 催】一般社団法人ケーブルテレビ情報センター
【お問い合わせ先】CRIケーブルテレビ情報センター事務局(TEL:03-6265-1548)
詳細はこちらをご覧ください。 20140318_CRI123.pdf